FXとは一体何?FXの仕組みについて

最近は、社会的に副業が認められる風潮となり、株取引やFXなどにてお小遣い稼ぎをする人も多くなってきました。そもそも、株取引とはどのようなものなのでしょうか。
株式投資は、利益を酔えることを目標として、企業が発行している株式を売買することです。株価は毎日変動します。株価が安いときに株を購入し、株価が高くなることを待ってから、売りに出すことでその差額が利益となります。
また、株式を保有していると、その企業の株主優待制度を利用可能で、さまざまなサービスや特典を受けられます。
さて、FXとはどんなものなのでしょうか。FXにて扱うのは株式ではありません。外国の通貨です。FXは、「Foreign Exchange」略称で、日本語に直すと、外国為替証拠金取引です。FXでは、日本円はもちろんのことユーロやドル、イギリスポンドなどの通貨そのものを売買する取引です。株式と同様に、通貨のレートも常に変動しています。FXの場合はこの通貨レートの変動を利用して利益を得るものです。
一例を挙げると、1ドルが100円の時にドルを買い、その後、1ドル120円になると、20円の利益が出るのです。一般的には、より多くの利益を獲得するために、10万円分のドルなどを購入します。
FXを始めるためには、最初に口座開設をします。この際にはマイナンバーや本人確認書類などを用意しておくとスムーズに口座開設できます。次に、入金をしますが、その際にはインターネットで入金する方法と、振込専用口座に直接入金する方法が選べます。その後、実際に取引が始まります。
FX取引にはいくつかのメリットがあります。それは、少ない資金でも大きな取引ができることです。例えば、株式投資の場合は大きな利益を出すために、多くの資金が必要ですが、FXの場合は大金を持っていなくても、レバッジという仕組みがあるため、手元にある資金以上の金額で取引できるのです。
レバレッジとは、「てこ」を意味する言葉です。担保となる手元の資金に対して、レバレッジをかけて何倍もの外貨取引が可能です。ただし、レバレッジをすると利益が倍になりますが、損したときには損益も倍になるというデメリットがあるため、最初は低レバレッジから始めるのがおすすめです。
また、FXの場合は世の中の景気が悪くても利益が出せる特色があります。円高や円安などの時にも、通貨価値に変動があれば、利益を出せるのです。
最後のメリットは、スワップポイントが貯まることです。スワップポイントとは、FX売買をした時に発生する2国間の政策金利のさのことです。